健康・病気

寝違えした時の直し方は?原因や寝違えない方法についても

Pocket

ストレス

朝起きた時に寝違えて首や肩が凄く痛み、動かせなかったという経験はありませんか?

私は少し痛いなと思う程度の寝違えは何回か経験があるのですが、歩くのも辛いほど痛い時が1度だけありました。

何が原因で寝違えてしまうのか、寝違えてしまった時に自分でできる直し方はあるのか気になりますよね。

更に寝違えないようにする寝方があるとすれば是非知っておきたいものです。

今回は寝違えてしまう原因や寝違えてしまった時の直し方、寝違えないようにするための寝方などをご紹介します。

スポンサードリンク

寝違える原因

寝違えとは首回りの靭帯(じんたい)や筋肉が炎症を起こして痛みを感じる状態の事を言います。

また筋肉が緊張して固まってしまい、首が思うように動かせないようになってしまいます。

では何が原因で首回りの筋肉が炎症を起こしてしまうのか、いくつか原因があるのでそれぞれご紹介します。

寝方が悪い

寝方

寝ている場所が狭かったり枕が合わないなどの悪い寝方によって無理な体勢が続いてしまうと長時間にわたって首回りに負担がかかってしまい、靭帯や筋肉を傷めてしまいます。

また首回りの血流が妨げられることによって代謝物質が溜まってしまい、炎症を起こして痛みが出てくる原因となってしまうのですね。

寝ている場所や枕などの寝方に問題がなくても、過労や泥酔などによって寝返りをほとんどうてない寝方でも体に負担がかかってしまい、寝違えの原因となってしまいます。

姿勢の悪さ

普段の姿勢の悪さ特に首が前のめりになっていると、寝違えの原因となってしまいます。

スマホを使っている時、デスクワークをしている方など、首が前に倒れる姿勢になることが多いですよね?

実はこの姿勢、真正面を向いている姿勢と比べて何倍もの負担が首にかかってしまっているのです。

その姿勢のまま何時間も過ごしていると、当然首周りの筋肉が傷んでしまい、寝違えの原因となってしまいます。

内臓の疲れ

内臓の疲れ

食べ過ぎ飲み過ぎなどによる内臓の疲れも寝違えの原因となってしまいます。

例えば肝臓は右側の筋肉と繋がっていて、食べ過ぎ飲み過ぎなどによって肝臓が疲れると繋がっている筋肉が引っ張られ固まってしまい、寝違えてしまいます。

また胃や膵臓が疲れてしまうと、左側の首が寝違えて痛みが出ます。

暴飲暴食の後に寝違えた経験があるという方は、内臓の疲れによって寝違えた可能性もありますね。

ストレス

ストレス

寝違えとストレスに何の関係があるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

先ほど内臓の疲れが寝違えの原因となるとご説明しましたが、ストレスを抱えることによって主に膵臓に負担がかかってしまいます。

またストレスを発散させようと甘い物を食べ過ぎることによっても様々な臓器に負担をかけてしまいますよね。

更にストレスによって眠れない状態が続きふと眠れるタイミングが訪れると、寝返りがうてないほどに熟睡しすぎてしまいます。

これらの理由からストレスによって内臓や首回りの筋肉に負担がかかり、寝違えの原因となってしまうのです。

寝違えた時の直し方

寝違えには寝方だけでなく様々な原因があることがわかりましたね。

寝違えてしまった時、無理なマッサージやストレッチなどの直し方をしたり、首を強く触ってしまうと痛みが酷くなってしまうのでやめましょう。

と言っても何もせずただ痛みに耐えるというのも辛いですよね。

基本は安静にしていれば短期間のうちに痛みはなくなっていくものですが、少しでも早く痛みが軽減するようにいくつか直し方をご紹介します。

痛むところを冷やす

冷やす

薄いタオルやガーゼなどでくるんだ保冷剤で痛むところを冷やして炎症を抑えます

冷やし続けると血流が悪くなって凝り固まってしまうので、5~10分ほど冷やしたら30分程休ませてまた5~10分冷やす、というのを数回繰り返してください。

保冷剤で冷やす代わりに冷感湿布を患部に貼る直し方も良いのですが、注意していただきたいのが炎症が起こっている部分に温感湿布は絶対に貼らないという事。

炎症を起こしている部分を温めてしまうと余計に悪化してしまい、痛みが酷くなってしまう恐れがあります。

ツボを押す

ツボ押し

患部を冷やす直し方の次は、寝違えに効くと言われるツボを刺激する直し方を試しましょう。

イタ気持ちいいと感じる強さでツボを押したり緩めたりというのを5分程度続けると良いですよ^^

落沈(らくちん)

寝違えに効くツボの中でも効果が高いと言われている落沈

落沈は拳を作った時に飛び出る人差し指と中指の付け根の骨の間より少し下に下がった手の甲にあります。

少しくぼんで、押すと痛いと感じるところを探してくださいね。

首の右側が痛ければ右手、左側が痛ければ左手のツボを押すといいですよ。

労宮(ろうきゅう)

拳を作ったときに手のひらの中で中指の先が当たる部分を労宮と言います。

労宮を刺激すると首の痛みが和らぐと言われていて、自律神経にも良いとされています。

寝違えた時だけでなく、イライラしている時や緊張している時など、心を落ち着かせたい時にも効果がありますよ。

ストレッチ

ストレッチ

基本はマッサージやストレッチはしない方がいいのですが、「ゴッドハンド輝」という漫画で紹介されたストレッチが寝違えに効くと話題になりました。

  1. 首が痛む側の腕を後ろに引き上げて、そのまま20秒キープして腕をおろす
  2. 首が痛む側の手を腰に当てて、ひじを後ろに引き、そのまま20秒キープして腕を元に戻す
  3. 首が痛む側の腕を広げ、120度の角度に曲げて腕を上げ、その姿勢のままひじを後ろに引き、そのまま20秒キープして腕をおろす

1~3を2セットずつ行い、反対側も同じようにしてください。

分かりにくい場合はこちらの動画を参考にしてくださいね。

「ゴッドハンド輝の寝違えの直し方」の動画はこちら。

スポンサードリンク

寝違えない寝方、予防法

寝違えた時の直し方をご紹介しましたが、もしどの直し方を試しても直らないという場合は、早めに整形外科などを受診してくださいね。

では次に気になってくるのは、寝違えない寝方や予防法ですよね。

寝違えないようにする為にはどんな寝方をすればいいのか、どんな事に気をつけたらいいのかなど1つずつご紹介します^^

狭い場所、変な姿勢で寝ない

狭い場所だとどうしても首や肩に負担のかかる寝方になりがちです。

寝返りをうまくうてない可能性もあるので、できるだけ余裕のあるスペースを確保して寝ましょう。

またうつぶせ寝や体を横に向けて寝るのも実は体に負担がかかりやすいのです。

可能であれば寝違えないように左右バランスよく仰向けに寝るようにしてみてください。

枕の高さを最適にする

まくら

寝違えないようにどんなにまっすぐ仰向けに寝ても、枕の高さが合っていないと残念ながら寝違えてしまいます

特に高すぎる枕は首を前に突き出し、寝ている間にずっと首に負担をかけてしまい、寝違えてしまう可能性が高いです。

わざわざ枕を買いなおすのは…という方は、バスタオルをくるくると巻いて枕の代わりにしましょう。

自分で自由に調節できますし、寝違えない上にそのまま洗えるのが良いですよね。

泥酔状態で寝ない

ついお酒を飲み過ぎて泥酔してしまうとそのまま寝てしまう事もあるかもしれません。

しかし泥酔状態のままで寝てしまうと寝違えだけでなく、嘔吐物を喉に詰まらせて窒息死なんて事も…。

といっても泥酔してしまっていると正常な判断がしにくく寝違えないように酔いがさめるまで寝ないというのは困難かもしれません。

お酒の飲む量や飲み方を意識して、泥酔しないように注意することが大事ですね。

正しい姿勢で過ごす

姿勢

よくスマホを操作する人、デスクワークをする人はできるだけ正しい姿勢を意識するようにしましょう。

長時間前のめりな姿勢を続けているとそれだけ酷い寝違えに繋がってしまいます。

こまめに休憩を挟んで軽いストレッチで首や肩回りをリラックスさせてあげるのもいいですね。

普段歩く時も首に負担をかけないように真っすぐ正しい姿勢で過ごすと少しでも寝違えないようにすることができますよ。

暴飲暴食をしない

暴飲・暴食

凄くお腹がすいていて美味しい物が目の前にある時、ストレスが溜まっている時など、ついつい暴飲暴食してしまいがちですよね。

しかし内臓に負担をかけないよう、暴飲暴食は控えるよう注意してください。

寝違えないようにする為なのはもちろん、胃など内臓に負担をかけると病気など様々なリスクがあります。

毎日を健康に過ごす為にも暴飲暴食をしないようにするのは大事なことなのですね。

ストレスを溜め込まない

先ほどの暴飲暴食を防ぐ他に、内臓への負担、寝返りをうてないほどの熟睡を防ぐ為にも、ストレスを溜めない事はとても大事です。

現代社会においてストレスを溜めないというのは難しいかもしれませんが、軽い運動をしたり楽しいと思える趣味を作るなど、自分に合ったストレス発散法を見つけましょう。

寝る前に無理のないストレッチを少しするだけでも精神的にリラックスできますよ^^

まとめ

寝違えた時の直し方や寝違えてしまう原因、寝違えないようにするための寝方などをご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

寝違える原因は1つだけでなく、様々な原因があることに驚きました。

私はいくつも当てはまるものがあったので、歩くのが辛いほど酷く寝違えてしまった時は色々な原因が重なってしまったのかなと思います。

皆さんも寝違えないようにする寝方や予防法だけでなく、万が一寝違えてしまった時に早く治るように今回の記事を参考にしてみてください^^

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA