健康・病気

口臭の原因は?虫歯、歯周病、胃、舌苔などの種類まとめ

Pocket

口臭

ふとした瞬間に他の人の凄まじい口臭を感じたりすること、ありませんか?

近くで話している人からこんな口臭を感じると、幻滅してしまったりその相手と話すのも嫌になってしまったり・・・

また、自分の口臭を自分で感じてしまったときは、そのショックはさらに大きいもの。

中には、さほどニオイのきつい食べ物を食べたわけでもないのに口臭がひどくなることも。

また、いくら歯を磨いてもケアをしてもとれない口臭もあります。

そんな「口臭」の原因にはさまざまあり、「口臭」を治す為には「何が原因の口臭」かを見極めないと難しいのです。

そこで、今回は口臭の原因の種類についてご紹介します。

スポンサードリンク

虫歯が原因の口臭の種類

虫歯

「口臭」でお悩みの方で、真っ先に原因として思い浮かぶのは「口そのものの臭い=虫歯や口の中の雑菌」ではないでしょうか?

「虫歯がそんなに臭うの?」

と疑問に思いがちですが、虫歯の菌がきっかけになっている臭いは意外と多いのですよ。

虫歯が原因の口臭は、

  • 腐敗臭
  • ドブ臭い
  • 卵やチーズの腐った臭い

このような特徴があり、想像しただけでも、ちょっと近づきたくないような口臭ですね。

これらの臭いの原因となっているのが「虫歯」なのです。

虫歯につまった食べかす

虫歯になると、歯が欠けたりへこんだりして、食べかすがつまりやすくなりがち。

この食べかす、歯ブラシで掃除できればよいのですが、掃除しきれず口の中に残ってしまう事も多いですね。

その食べかすが腐敗し、腐敗臭がそのまま口臭となってしまうのです。

歯の神経が腐ることが原因

「虫歯っぽいけど、忙しいから歯医者さんは後でいいや」

「もうちょっと痛みがひどくなってから」

そういって、歯が痛くなっても歯医者さんへ行くのを後回しにしている方は、意外と多いのでは?

実は虫歯が進行すると、歯そのものは勿論、進行によっては神経までもが腐敗してゆき、その腐敗臭が口臭となってしまうのです。

「歯の神経の腐敗でそんなに口臭がひどくなるの?」

歯といえばその大きさだってたかが知れていますし、その神経の大きさだってとても小さなもの、それが腐敗したからといって、周囲や自分自身が嫌な思いをするほどの悪臭になるの?・・・そんな疑問もあると思います。

確かに初期の虫歯で周囲を嫌な気持ちにさせるほどの悪臭にはなりませんが、虫歯が進行すると、その臭いはどんどん強くなってゆくのです。

歯が痛いだけではなく口臭にも影響が出てくる虫歯、歯の痛みが出てきたら、後回しにせずに治療をしましょう。

歯の神経の傷が原因の口臭

神経の腐敗のほかにも、虫歯によって神経が傷つきそれが原因となる口臭もあります。

虫歯が進行し神経が傷つくと、虫歯の菌がその傷から神経の中に入り込み増殖し、その結果、神経が化膿して膿がたまり、その膿が口臭となってしまうのです。

ここまで虫歯が進んでしまうと、おそらく虫歯の痛みもかなりのものではないでしょうか?

虫歯だけでも痛くて苦しいのにその上口臭で周囲の人や自分自身も不快な思いをしてしまっては悲しいですね。

早く病院で治療してもらいましょう。

歯周病

歯周病

歯周病も口臭の原因の種類の一つとして数えられています。

口臭の原因の大半は、この「歯周病」が原因ともいわれているほど、口臭の原因の中では有名な種類の一つ。

以前と比べて「口臭がひどくなったかな?」と感じたら、もしかしたら歯周病かもしれませんよ?

歯周病になると、「虫歯」のところで紹介したような口臭のほかに

  • 血のような臭い
  • 膿の臭い

といった臭いがします。

そんな歯周病による口臭の原因、種類はこんなものがあります。

歯周病菌そのものが原因

歯周病菌が増殖すると口臭がひどくなります。

一般的に、歯周病にかかると口臭がひどくなるといわれていて、この口臭が「歯周病」の判断基準の一つともいわれています。

口臭が気になるようになったら、もしかしたら歯周病かもしれませんよ?

歯周病による膿が原因

歯周病になると、歯茎の中に膿がたまってゆくのですが、この膿が口臭の原因になることも。

歯周病の口臭の特徴の一つ「膿のような臭い」はこの膿から生じる臭いなのですね。

歯茎の出血

歯周病の症状の一つに、歯茎からの出血があります。

もしも口の中をケガをしたわけでもないのに血の臭いの口臭がしたら、歯周病による口臭かもしれませんよ。

スポンサードリンク

胃が原因の口臭の種類

胃痛

口臭の原因はその大半が虫歯や歯周病が原因となっていますが、口臭全体の1~2割ほどがこの胃が原因の口臭と言われています。

ちょっと考えてみれば、口から食道を通過すれば胃がありますし、口に一番近い内臓は胃ですから、胃が病気や不調になって臭いが出てくれば、その臭いは口から出てきて口臭になる・・・という可能性はありますよね。

そんな胃が原因の口臭は

  • 腐った卵のような臭い。
  • 発酵臭
  • 酸っぱい臭い

また医療が発達する以前の昔、この口臭は病気の数少ない判断基準の1つとして数えられていました。

特に胃がんの時は、現在も自覚症状がないため、この臭いが胃がんの判断ポイントの一つになることもあり、この臭いを発見する犬もいるのだとか。

それくらい、胃の病気と口臭は切り離せない関係があるようですよ。

そんな胃が原因となっている口臭の種類をご紹介します。

胃炎による口臭

胃炎を起こすと食べ物を消化するための「胃酸」が出にくくなり、食べ物が消化されにくくなります。

消化されないまま食べ物が胃の中に長時間置かれると、胃の中で食べ物が発酵し、独特の発酵臭を放つようになり、それが口臭へとつながりります。

食べ物の発酵はもともと腸で行われますが、胃で行われるとその発酵臭がそのまま口を通って外に出て行ってしまうのです。

その発酵臭が口臭の原因、この時の口臭は腐った卵のような臭いや発酵臭などで、胃炎が長期化すれば、この口臭もひどくなりがち。

なるべく早く胃炎を治したいところですね。

胃がんによる口臭

胃痛と薬

胃がんに限らず、がんにかかると、がんにかかった内臓によって独特な口臭が強くなるといわれています。

がんになると体の細胞が壊死してしまうので、その壊死した細胞の腐敗臭が口臭となります。

「壊死した細胞の腐敗臭」言葉で表すと、本当に嫌な臭いに感じませんか?

その腐敗臭は、腐った卵のような臭い、あるいはドブのような臭いなど、たとえ方も様々。

特に胃がんは初期症状がないので、この口臭ががん発見の一つの大きなポイントとなっています。

逆流性食道炎による口臭

胃液が食道を逆流してしまう病気が「逆流性食道炎」食道の粘膜が強い胃液によって刺激を受けたり炎症を起こしたりしてしまいます。

逆流性胃腸炎になると、強烈な酸性の胃液が食道を逆流することによって、酸性の酸っぱい臭いが口臭となってしまうことも。

さらに、胃液が逆流することによって、胃液の臭いと一緒に胃の臭いも混ざった口臭となるため、かなり強烈な悪臭になります。

こうして表現していても、この口臭、なかなか強烈そうに感じます。

十二指腸潰瘍による口臭

胃から少し離れてしまいますが、同じ内臓による口臭ということでこの「十二指腸潰瘍」の口臭についてもご紹介します。

この十二指腸潰瘍になると、消化不良が起こりやすくなり、食べたものが消化されない状態が続き、胃炎と同じように胃の中で食べ物が発酵する状態になり、発酵臭が口臭となって現れます

この発酵臭や臭い物質が体に吸収され、血液とともに体中を循環し、肺に到達し、肺から息と一緒に臭いが出て、これが口臭となります。

この時の臭いは、腐った卵のような腐敗臭、この臭いとともにげっぷや吐き気の症状がある方は要注意ですね。

便秘と口臭の関係

便秘

よく「便秘になると口臭がきつくなる」と言われています。

ちょっと体調が悪くて便秘気味なときに口臭を感じると、「この口臭、便秘のせい?」と気になって仕方がなくなること、ありませんか?

実は私がそうなのですが(笑)

気になって仕方がないので便秘と口臭の関係も調べてみたら、大いに関係がありましたのでご紹介します。

便秘になると、腸に便がとどまってしまいますね。

長い期間とどまり続けてしまうと、便の悪い成分や臭い成分が血液に取り込まれてしまい、身体中を巡回してしまいます。

そしてその臭い成分が混ざった血液が肺にたどり着くと、呼吸に臭いが混ざり口臭となるのです。

便秘が原因となっている口臭なのですから、の老廃物の臭い・・・便の臭いとなってしまうのです。

また、便秘によって便がつまることによって、他の内臓や器官が悪影響を受け、それによって口臭が発生する場合も。

考えただけで気持ち悪い口臭です。

舌苔が原因の口臭

舌

舌を見てみると、白っぽくなっているところがありませんか?

それが「舌苔(ぜったい)」、細菌のかたまりで、「舌についた歯垢」と表現する人もいるこの舌苔は、舌の上に残った食べかすや古くなった舌の細胞を餌にして増殖します。

舌苔もまた、卵が腐ったような腐敗臭を発する性質があり、それが口臭の原因となるのです。

舌苔は細菌や食べかすのほかにも、普段から口呼吸をしていたり、唾液が少なかったりすると発生しやすくなりがち。

また、舌苔の発生は自然現象のようなもの、条件がそろえば発生してしまいます。

舌苔が原因の口臭が気になる人は、まず鏡に向かって舌を少し出してみてください。

白っぽく見えるピンク色をしていたら正常ですが、それ以外の方は舌苔が舌にこびりついているかもしれませんよ?

臭いの傾向から感じたこと

口が臭い

口臭のニオイの傾向を見てみると、「腐った卵」のような腐敗臭、発酵臭が多いですね。

ここからもわかるように、「口臭」は口の中や胃の中、体の中の食べ物が腐敗したり発酵したりすることによって発生する臭いが主な原因のように感じます。

身体の中で食べ物が、身体の不調や病気によって消化されずに腐敗し、その臭いが口臭となって体の外に出てくる、といった流れで、口臭が発生するのがメインのように感じました。

また、虫歯や歯周病、舌苔のように口から直接臭いを感じるケースと、胃の病気のように臭いの成分が体を循環した後に口臭として出てくるのを考えると、口臭がひどいとき、臭いの原因はすでに体中をめぐっている可能性が高い、ということ。

そう考えると、口臭によって他人や自分が嫌な思いをする前に、臭い成分が巡ってしまっている身体の不調も、どうにかできるとよいのですけれどね。

まとめ

口臭の原因と種類についてご紹介してみましたが、いかがでしたか?

虫歯歯周病胃の病気、そして舌苔・・・口臭の原因は意外と多くて、口そのものの臭いから内臓の病気の臭いまで様々。

これら以外にも、病気の症状として発生する口臭もありますので、口臭は身体の不調や病気を知らせるサイン的な役割を担っているようにも思えました。

心当たりのある口臭の原因は見つかりましたか?

もしもあったのなら・・・早めにその原因を取り除いて、口臭だけではなく、虫歯や体の病気も治すのがおすすめですよ。

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA