美容・ダイエット

スパイスには痩せる効果がある?脂肪を燃やすダイエットレシピも紹介

Pocket

画像名

スパイスには身体に嬉しい様々な健康効果がありますが、中には痩せる効果や脂肪を燃やす働きのあるスパイスがあります。

ダイエットを考えている方、あるいは体重が気になる人にとって、これはとても気になりますね。

「でも、どのスパイスに脂肪燃焼効果があるの?」

「どうやって食べたらダイエット効果があるの?」

スパイスを使ってダイエットを・・・と考えてみても、知らない事のほうが多すぎて二の足を踏んでしまいますね。

そこで今日は、痩せる効果、脂肪を燃やす効果のあるダイエット向きなスパイスと、そのスパイスの使い方や脂肪を燃やすダイエットレシピをご紹介します。

スパイスを使ったダイエットの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

痩せる効果のあるスパイス

画像名

「スパイス」は、それこそ数えきれないほどの数があり、様々な効果があります。

その中には「痩せる効果」や「ダイエット効果」といった、女性や体重増加を気にしている方にとっては本当にありがたい効果のあるスパイスも数多くあります。

その中でも特に、日本でなじみのあり、スーパー等で入手しやすいものをいくつかご紹介しますね。

クミン

画像名

クミンは、カレー粉に使われるスパイスでインド料理には欠かせないスパイスの一つです。

このスパイスには、悪玉コレステロールを制御して、新陳代謝を高め、脂肪を燃やす効果があるスパイスなのです。

このクミンをヨーグルトに入れて1日2回、3か月食べたら6キロのダイエットに成功した・・・という方もいるとか。

カレーやヨーグルトの他にも、コーヒーにクミンを入れるとスパイシーなコーヒーとして楽しめますよ。

ジンジャー(ショウガ)

画像名

日本では、その健康効果はかなり有名ですね。

ショウガを100℃以下で加熱すると発生する成分「ショウガーオール」は、熱を作り出し、血行を良くし、脂肪や糖質の代謝を良くする働きがありますので、脂肪を燃やすダイエットにはとても効果的ですね。

また、ダイエットの他にもデトックス効果もありますので、まさにスパイスで痩せるには欠かすことが出来ないスパイスです。

紅茶に入れたり、白湯に入れたりして飲む人も多いようですね。

シナモン

画像名

お菓子やパンに入れることが多いシナモンですが、実は漢方としても使われていて、様々な健康効果があります。

脂肪細胞を小さくしたり、また血行促進と発汗作用もありますので、脂肪を燃やす効果のあるスパイスと一緒にこのシナモンを飲めば、さらに痩せる手助けしてくれそうですね。

シナモンは、コーヒーや紅茶にぱらっと振りかけて飲むとおいしいですよ。

唐辛子

画像名

こちらも日本ではおなじみのスパイスですね。

お蕎麦やうどん、焼き鳥などににかけて食べている人が多く、辛いものが好きな方はかなりお料理に入れているのでは?

この唐辛子には「カプサイシン」という辛み成分が多く含まれています。

このカプサイシンは中枢神経を刺激して、脂肪を燃やして分解し、痩せる手助けをしてくれる働きがあります。

コショウ

画像名

コショウも、どこの家庭にもありそうなスパイスの一つ、お料理にも良く使われていますね。

このコショウには「ピペリン」よいう辛味成分含まれています。

これは体内で熱を発生させて脂肪を燃やし、痩せる効果があるのです。

ちなみにこの「ピペリン」は、黒コショウに多く含まれていますので、痩せるのが目的でコショウを使うのであれば、黒コショウがおすすめです。

カルダモン

画像名

ショウガやコショウ程有名ではありませんが、焼き菓子やゼリーなどに使われたり、またお肉の臭み消しにも使われていているこのカルダモンにも、痩せる効果があります。

身体の脂肪を燃やし、さらに消化を助ける効果があるので、スパイスで痩せるのであれば、このカルダモンも取り入れたいところです。

また、カルダモンは漢方にも良く使われているスパイスで、漢方では「しょうずく」と呼ばれています。

スポンサードリンク

脂肪を燃やすダイエットレシピ

さて、脂肪を燃焼させて痩せる効果のあるスパイスをご紹介しましたが、

「どうやって使ったらいいんだろう?」という疑問もありますよね。

そこで、脂肪を燃焼させるスパイスを使ったレシピをいくつかご紹介します。

とても簡単なものからご紹介していますので、「スパイスは全然使ったことがないの・・・」という方でしたら、とりあえずレシピ初級や中級で、「スパイスを使う事」や「スパイスの香りや味」に慣れていって、その後に料理に入れるレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか?

レシピ初級:飲み物やヨーグルトに入れてみよう

とりあえず「お手軽に」「試しに」といった感じでスパイスを試してみたい方にはこれらがおすすめです。

白湯に入れてみる。

白湯は、体内から体を温める効果があります。

そして温まることで血液のめぐりが良くなり、脂肪燃焼もしやすくなります。

さらに脂肪燃焼を助けてくれるスパイスを入れて飲むと、ダイエット効果がさらにアップ!

レシピは・・・

  • クミン・コリアンダーを小さじ四分の1ずつ、200ccの白湯に入れる

これだけです。

クミンもコリアンダーも脂肪を燃やす効果があり、デトックス効果があります。

これにさらに、冷え性の方はジンジャー、むくみが気になる方はシナモン、さらなる脂肪燃焼を期待するのであれば黒コショウをブレンドして飲みます。

なお、朝起きてから、食事の30分ほど前に飲むのがおすすめです。

https://www.instagram.com/p/BQVRsVeDmap/?hl=ja

コリアンダー+クミンのスパイス白湯は実際に試している方も多かったようです。

特にクミンはカレーのような風味がするので、白湯に入れると、「ただ白湯を飲むだけ」と比べたら飲みやすくなるのかもしれませんね。

ヨーグルトに混ぜる

これは、クミンを使ったダイエット方法です。

クミンパウダーをヨーグルトに入れて朝夕2回食べるとダイエット効果があるといわれています。

それくらい、クミンには脂肪燃焼効果があるのですね。

レシピはこのとおり。

  • プレーンヨーグルト100gに、クミンパウダーを小さじ2分の1入れて混ぜる
  • お好みではちみつを入れてもOK

これは、ヨーグルトがカレー色になり、カレー味になりますので、初めて見た時は「何これ?」と思うみたいですよ(笑)。

味に関しては賛否両論あるようですね。

https://www.instagram.com/p/BXAzPo1Aoru/?hl=ja

「入れたらすごい色になった」「甘いヨーグルトに慣れていると食べるとき気が引ける」という方もいました。

たしかにインスタグラムの写真を見ると見事なカレー色、私も食べるのにちょっと勇気がいりそうですが、これでダイエットできるのなら、頑張れるかもしれません。

レシピ中級:ふりかけ

以前、テレビやメディアでスパイスを使ったダイエットが紹介されたときがありました。

それによると、フレンドしたスパイスをごはんやお料理にかけて食べるという方法です。

スパイスふりかけのレシピと材料

気になるブレンドスパイスのレシピは・・・

  • 黒コショウ30g
  • 長コショウ30g
  • ジンジャー30g
  • ターメリック3g
  • フェヌグリーク6g
  • フェンネル9g
  • クミン3g
  • 岩塩3g

聞いたことがないスパイスもたくさんありますが、

  • ジンジャー:長こしょう黒こしょう:肥満改善
  • ターメリック:抗酸化作用
  • フェンネル:健胃効果
  • フェヌグリーク:肥満抑制

といった効果がありどれもダイエット効果、あるいはダイエットのサポート効果がありますね。

これを、1日3gを目安にご飯やお料理にかけるだけ、簡単にスパイスを摂ることが出来ます。

ちなみに、ジンジャー、ターメリック、フェンネル、クミンは一般的なスーパーのスパイス売り場で売っていることが多いのですが、「フェヌグリーク」と「長コショウ」はあまり見かけません。

フェヌグリーク・長コショウはAmazonで購入できます。

マスコット フェヌグリークシードパウダー 30g

長コショウは、別名「ヒハツ」といいますので、「長コショウ」という名前ではなく「ヒハツ」という名前のスパイスを探したら、スーパー等にも置いてあるかもしれませんね。

ふりかけの口コミ

さて、このスパイスふりかけ、試している方もかなりいるようでしたよ。

この方法は、料理があまり得意ではない人でもお手軽にお料理にスパイスを入れられるのが良いですね。

レシピ上級:料理に入れてみよう

スパイスを料理に使うなんて、料理好きな方やお料理上手な方・・・というイメージがあって、「私には無理」と感じますが、初級・中級でスパイスの味やにおいに慣れてくると、お料理に使う事も抵抗がなくなってきますよ。

お肉や野菜、魚料理を炒めるときに入れてみる

もともとスパイスは香りも良いので、香りつけも兼ねて食材を炒めるときに使ってみてはいかがでしょうか?

例えばショウガはたくさん入れても辛みはさほど気になりませんし、クミンを入れて炒めると、独特なカレーっぽい香りが付きます。

黒コショウや唐辛子は入れすぎると辛くなってしまいますので、ほどほどに。

普段のお食事に普通に使うことが出来たら、ストレスなく食べることが出来そうですよね。

カレー

スパイスをたっぷり使った料理といえば「カレー」ですが、市販のカレールーを使わない、こんなカレーのレシピがありました。

・休日男子の本格スパイスチキンカリー!

・スパイスから作る簡単本格キーマカレー

「いきなりハードル高い!」と感じますが、カレーは自然にたくさんのスパイスが使われている料理ですので、普段、普通にカレーを作るときに入れてみるのも十分“あり”ですよ。

まとめ

脂肪を燃焼する効果のあるスパイスと、脂肪を燃焼するダイエットレシピをご紹介してみましたが、いかがでしたか?

脂肪燃焼効果のあるスパイスは、意外と知っているものや普段台所にあるスパイスもあり、ちょっと意外な気分がしました。

また、レシピも、簡単に挑戦できるものを中心に集めてみましたので、「ちょっとやってみようかな?」と感じることが出来たら幸いです。

スパイスは、料理が得意な人にとってはとても身近な存在かもしれませんが、そうでないとなかなかハードルが高い調味料ですが、ダイエット効果が高いのであればぜひ使ってみたいですね。

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA