生活・豆知識

手荒れがひどい原因と対策は?効果的なハンドクリームも紹介

Pocket

手荒れ

冬になると、ちょっとした事が原因で手荒れを起こしたり、ひどいガサガサができてしまったり、手のトラブルが絶えませんね。

中には、「他の季節は何ともないのに、冬になると必ず手荒れするのよねー」なんていう方もいるかもしれませんね。

ところでこの手荒れ、何が原因で起こるか知っていますか?

今回は、手荒れの原因と対策、そしてハンドクリームを選ぶコツと手荒れにおすすめなハンドクリームをご紹介します。

日頃、何気なくやっているあんなことやこんなことが、つらい手荒れの原因なのかもしれませんよ。

スポンサードリンク

手荒れの原因

手荒れの原因は、ずばり「乾燥」です。

「それだけ?」と拍子抜けしそうですね。

人の皮膚には、本来、汗や脂で出来ている「皮脂膜」によって守られているのですが、この皮脂膜が気候や普段の何気ない行動が原因で失われてしまう事があります。

特に手の皮脂膜は他の場所と比べてとても薄いので、ちょっとしたことで簡単に失われてしまい、乾燥しやすく手荒れしやすくなってしまうのです。

ではどんな行動で大切な皮脂膜が失われてしまうのでしょうか?

日頃からこんなことをしている人は要注意!

手荒れがひどい人の特徴をご紹介します。

水仕事でお湯を使う

手荒れ2

冬の水仕事で「冷たいから」といってお湯を使っている人は意外と多いのでは?

汗や脂から出来ている「皮脂膜」は人の体温位の温度で溶けて皮膚全体に広がりますが、体温以上に熱いお湯石鹸をつけると簡単に失われてしまい、その結果、手の乾燥が早まってひどい手荒れを引き起こすことに。

その上さらに、皮脂膜を失った状態で水仕事をすると手はさらにダメージを受け、手荒れやがさつきを起こしやすくなってしまうのです。

また、お湯で手を洗うと、皮脂膜が落ちやすいだけでなく、その下の角質層にもダメージを与えてしもやけや手荒れの原因にも!

手袋をしない

手荒れ3

外出時に手袋をしていない人は、ひどい手荒れになりやすいので注意してください。

日頃から冬の冷たくて乾燥した空気に手がさらされているのですから、手だって乾燥しやすくなります。

冬の乾燥した空気は、手の潤いをどんどん奪ってゆき、皮脂膜を壊し、結果手荒れを起こしやすくなってしまうのです。

ハンドシャワーをよく使う

ショッピングモールや飲食店、はたまた職場で、ハンドシャワーが設置されている所は多いと思いますが、あのハンドシャワーも使い続けるとひどい手荒れの原因に。

それだけではありません、エアシャワーを使うときに両手をこすり合わせませんか?

皮脂膜は、石鹸で手を洗うと簡単に落ちてしまうのですが、その上さらに乾燥した空気を手に吹きかけると手は乾燥に次ぐ乾燥で手荒れを起こしてしまいますし、続けて使えばひどいダメージへとつながってしまいますよ。

実は何気なくやっているあの動作も、皮脂膜を失った手にとっては大変なダメージなのです!

手を洗う回数が多い人

手荒れ4

特に冬場は、風邪対策のためのうがい、手洗いが欠かせない季節です。

手洗いの回数が多ければ、手の皮脂膜がすぐになくなってしまうのですから、手荒れだって起こしやすくなってしまいます。

ましてや冬場の手洗いの時、病気のウイルスや雑菌を落とすためのアルコール消毒や除菌石鹸を使う人も多いですが、そういったアイテムでを使うと、手の皮脂膜が簡単に落ちてしまいます。

結果、日頃から手を洗う機会が多い人はひどい手荒れを起こしやすくなってしまいます。

手荒れの対策

さて、ひどい手荒れをどうにか少なくする、そんな対策方法はないのでしょうか?

手荒れの基本的な対策は、「皮脂膜が落ちないようにする」ことです。

こう書くと「具体的に何をしたら良いの?」といった感じですが、簡単に言うと「手の保湿と保護」をしっかりすることなのです。

水仕事など、手荒れの原因となることをやらないで済めばそれが一番なのですが、実際はそうはいきませんよね?

原因となる事を極力控えて、その上で手をしっかり保護すること、それが対策方法として一番効果的です。

実際にできそうな対策を挙げてみますね。

水仕事をするときはゴム手袋をする

手荒れ5

皮脂膜を落としてしまう原因になる「水」にあまり触らないのが一番!

水を触らないようにする対策として一番現実的で効果がありそうなのがこれ!家事や水仕事をするときは、ゴム手袋をすることです。

もしも、ゴム手袋をしていて「手袋の中が蒸れて嫌」と感じるのなら、薄い綿の手袋をして、その上からゴム手袋をすると解消されますよ。

水仕事はぬるま湯

日頃から家事や水仕事はゴム手袋を・・・そう思っていても、素手じゃないとできない、やりにくいような作業もありますよね。

そんな、どうしても水を触らなくちゃいけないようなときは、水やお湯ではなく「ぬるま湯」を使いましょう。

お湯を使うと、皮脂膜が簡単に落ちてしまい、手荒れの原因に。

また、冷たい水を使うと、しもやけやあかぎれの原因にもなってしまいます。

体温と同じくらいのぬるま湯でしたら、皮脂膜も壊れにくいですよ。

外出時には手袋をする

手荒れ6

冬の外出は、寒い、寒くないにかかわらず乾燥対策に手袋をするようにしましょう。

冬の乾燥した空気に長時間手をさらすと手荒れの原因に。

肌にダメージを与えない、肌触りの良い手袋ですと、着けていてストレスもなくおすすめですよ。

ハンドシャワーはなるべく使わない

外出時、ハンドシャワーはなるべく使わないようにしましょう。

必要以上に手を乾いた空気で乾燥させると、あっという間にひどい手荒れに。

外出時はエアシャワー対策にハンカチハンドタオルを持って行って、手洗いの後はしっかりと拭きましょう。

ハンドクリームをつける

手荒れ7

日頃からハンドクリームをこまめにつけて手の保護をしましょう。

ハンドクリームによる手の保護は、ひどい手荒れをしている方には必須!

実際、手を洗った後、水仕事の後にはしっかりとハンドクリームで保湿、保護をする・・・これだけでも、ひどい手荒れを防止することが出来ます。

スポンサードリンク

効果的なハンドクリーム

さて、手荒れ対策にハンドクリームは必要不可欠なのですが、「どのハンドクリームが効果があるのかわからない!」というのが実際のところです。

そこで、手荒れ対策用のハンドクリームを選ぶコツと、効果のあるおすすめハンドクリームをご紹介します。

ハンドクリームを選ぶコツ

ハンドクリームにはさまざまな種類がありますので、目的に合ったハンドクリームを選ぶのがコツです。

ビタミン系ハンドクリーム

ビタミンCビタミンEが配合されているハンドクリームは、血行の改善効果があり、また水分や油分の補給する効果があります。

手指の冷えが原因の手荒れでしたら、このビタミンが配合されているハンドクリームはとても効果的、使うと血行が良くなるので手の全体にしっかりとマッサージするように、こまめにぬってあげると良いですよ。

また、お風呂上り塗るとさらに効果的です。

保湿成分配合クリーム

ヒアルロン酸セラミド、グリセリンと言った保湿成分が配合されているタイプのハンドクリームは、その名前の通り保湿力を一番重視したハンドクリームですので、乾燥が原因の手荒れの時に使うととても効くハンドクリームです。

乾燥する季節に、しっかり広く塗りこんでおくと効果があります。

また、このクリームは手荒れの症状がまだ出ていないところに塗ると、乾燥による手荒れの防止にもなりますよ。

尿素配合クリーム

手荒れの季節、薬局やドラッグストアでは、この「尿素入り」のハンドクリームをよく見かけますね。

けれど実際、この「尿素」にどんな効果があるのかは知らない人が多いようです。

「尿素」には、角質を柔らかくする効果があり、手荒れやガサガサしたお肌を改善するのに効果があるクリームです。

ひどい手荒れやがさがさはこのクリームを塗れば治るのですが、使うのには注意が必要です。

  • 角質を柔らかくして、時には除去してしまう効果があるので、使いすぎるとお肌を痛めてしまう可能性もある。
  • 効果が強すぎるので、ささくれや傷口につけない方が良い。

効果が高い分、気をつけて使った方が良いクリームですので、このクリームを使うのは手荒れやガサガサが酷い場所だけにして、手全体にはビタミン系のクリームやワセリンを使うのがおすすめ。

ワセリン

これはハンドクリームではありませんが、あるととても便利なクリームです。

ワセリンは、石油をお肌につけても平気なくらいに精製したもので、付けると皮膚の表面に薄い油膜のようなものを作ってくれてお肌を乾燥から守ってくれます。

とても低刺激で、アレルギーの方やお子様でも安心して使えるのがメリットですが、手荒れやガサガサを治す効果はないので、「保湿剤」として割り切って使うのが良く、尿素系のクリームを手荒れの酷い箇所に塗って、それ以外の場所は乾燥防止にワセリンを塗る・・という使い方もあります。

おすすめハンドクリーム

ロゴベースリペアクリーム

(保湿系)

保湿効果がとても高いクリーム。

乾燥が原因の手荒れにはぜひおすすめしたいクリームです。

また、防腐剤等の添加物を使っていないこともおすすめのポイント!

若干値段が高いのが難点ですが、値段相応の効果があります。

アトリックスエクストラプロテクション(保湿・ビタミン系)

昔からあるおなじみのハンドクリームですね。

軽い手荒れやガサガサ程度でしたら、普通の「アトリックス」でも十分ですが、エクストラストプロテクションは、ひびやあかぎれといった深刻な手荒れにも効果的ですよ。

「高密度集中リペア処方」という処方で、お肌に密封膜を作って乾燥からお肌を守ってくれて、さらに傷にも効果的なのです。

資生堂 尿素10%クリーム(尿素系)

ひどい手荒れガサガサにとても効果があります。

尿素の効果で、硬くなってしまった角質も柔らかくしてくれるので、ひどい手荒れになってしまったらこれが効果的。

手の他にも踵や肘などに使っている人も多いそうです。

また、乾燥による手荒がひどいと、このクリームを塗ってさらにワセリンを重ね塗りするひともいるとか・・・

ユースキンA(保湿、ビタミン系)

乾燥や手荒れだけではなく、ひびやあかぎれ、しもやけにも安心して使えるハンドクリームです。

保湿力も高く、血行促進効果の高いビタミンも多く含まれているので、乾燥を抑えて潤いを与えつつ手荒れも直してくれます。

やや臭いがあるのが難点ですが、使ってゆくうちに臭いも気にならないほどに消えてゆきます。

まとめ

手荒れの原因と手荒れに効果的なハンドクリームをご紹介しましたが、いかがでしたか?

冬になると、ちょっとしたことですぐ手荒れになったり、その手荒れもすぐにひどくなったりと手荒れのトラブルが絶えませんね。

そんな手荒れを解消する手掛かりになれば幸いです。

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA