生活・豆知識

アルカリ電池とマンガン電池の違いと適切な使い分け方

Pocket

乾電池

色々な種類がある電池の中で、家庭でよく使用されている乾電池。

この乾電池の中でもアルカリ電池とマンガン電池というものがありますよね。

皆さんはこのアルカリ電池とマンガン電池の違い、またどのように使い分けるのかなどご存知でしょうか。

知らずに間違った使い方をしていると、電池の無駄遣いになってしまったり液漏れしたりする恐れがあります。

そこで今回はアルカリ電池とマンガン電池の違いや適切な使い分け方などをご紹介します。

スポンサードリンク

アルカリ乾電池とマンガン電池の違い

まず最初にアルカリ電池とマンガン電池の違いについてです。

内部の構造に多少の違いはあるのですが、大きな違いはプラス極とマイナス極を反応させる電解液。

ここからはそれぞれの乾電池の特徴と共に詳しい違いをご説明しますね。

アルカリ電池とは

アルカリ電池

アルカリ電池の電解液には電流が流れやすい水酸化カリウムというものが使われており、この電解液が強いアルカリ性であることからアルカリ電池と呼ばれています。

電流が流れやすい為マンガン電池と比べるとパワーがあり、長持ちしやすいのが特徴です。

当初はマンガン電池よりも少し高価だったのですが、最近では大きな差はなく手に入れやすい物になっています。

しかし電解液に使われている水酸化カリウムはたんぱく質に対して腐食性を持っているので劇物に指定されています。

万が一液漏れを起こした場合は適切な処置が必要になります。

乾電池の液漏れについてはこちらの記事を参考にしてください。

マンガン電池とは

マンガン電池の電解液には塩化亜鉛か塩化アンモニウムなどが使われており、プラス極の材料である酸化マンガンからマンガン電池と呼ばれています。

電池を休ませながら使用すると、休ませている間に電圧が少しずつ回復するという特徴があります。

アルカリ電池に比べ液漏れしにくく、マンガン電池の電解液は弱酸性なので水酸化カリウムほどの害はないのですが、万が一液漏れを起こした場合は適切な処置をするようにしてください。

実はアルカリ電池もマンガン電池もプラス極とマイナス極の材料は同じで、アルカリ電池にもプラス極に酸化マンガンが使われています。

アルカリ電池の本当の名前はアルカリマンガン電池というもので、昔からあるマンガン電池の電力をより強くさせるために電解液などを変更させたものがアルカリ電池なのです。

アルカリ電池とマンガン電池の使い分け

アルカリ電池とマンガン電池の違いや特徴についてはよく分かりましたが、次に気になるのはどのように使い分けるかですよね。

ここからはアルカリ電池とマンガン電池の適切な使い分けとその理由についてご説明します。

アルカリ電池がオススメ

デジカメ

マンガン電池の約2倍以上長持ちするアルカリ電池ですが、パワーがあるため大きな電力を瞬間的に必要とするものに向いています。

例えば…

  • ヘッドホン
  • ラジカセ
  • デジタルカメラ
  • 電動歯ブラシ
  • ラジコン

などが挙げられます。

マンガン電池よりも使用推奨期限が長く、使用期限が10年というアルカリ電池もありますので、災害の為に備える防災グッズにはアルカリ電池を用意しておくと安心ですね。

ただし使用推奨期限を過ぎてしまうとマンガン電池よりも液漏れしやすい為、定期的に確認するように注意しましょう。

マンガン電池がオススメ

マンガン電池

先ほどご紹介しましたように、マンガン電池には休み休み使うと電力が回復するという特徴がありますので、小さな電力を長期間必要とするものにオススメです。

例えば…

  • リモコン
  • キッチンタイマー
  • 時計
  • 懐中電灯
  • ペンライト

正しい使い方をすれば液漏れしにくく、小さな電力を安定して放電するので安心して長期間使用することも可能です。

大きな電力を必要とする機器に長時間使用すると、パワーが足りなくて電圧が下がってしまいうまく作動しなくなる可能性があるので注意して使い分けてくださいね。

スポンサードリンク

アルカリ電池とマンガン電池の併用

ダメ!

アルカリ電池とマンガン電池の併用は絶対にしないようにしましょう。

併用して使用すると以下のようなことが起きます。

【アルカリ電池とマンガン電池を併用すると】

  1. アルカリ電池とマンガン電池の電圧に差があるため、弱いマンガン電池が著しく電力を消耗
  2. マンガン電池の容量が尽きてアルカリ電池の電力が多く使われ、アルカリ電池の容量も短期間で尽きる
  3. 双方の電池が尽きた後も放電し続け、過放電状態となり液漏れを起こす可能性がある

液漏れを起こしてしまうと機器の故障の原因にもなってしまいますので避けたいですよね。

まとめ

アルカリ電池とマンガン電池の違いや適切な使い分け方、アルカリ電池とマンガン電池の併用についてもご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

私はそれぞれの名前は知っていたものの違いなど全く知らずに、使い分けなども気にせず使用していました。

使用する機器に応じて絶対に使い分けないといけないわけではありませんが、うまく使い分けることで使用する機器の性能を十分に発揮させることができますね。

更に電池の電力を効率良く消費させ、できるだけ長持ちさせる事ができるので経済的。

皆さんも是非アルカリ電池とマンガン電池の違いを意識して使い分けてみてください^^

スポンサードリンク

Pocket