料理・グルメ

乾麺パスタは冷蔵庫に入れた方が良い?保存方法と賞味期限について

Pocket

乾燥パスタ

乾麺パスタ、おそらくどこの家庭でもストックされているのではないでしょうか?

パスタは保存がきくし、料理方法もいろいろありますし、とても便利な食材ですよね。

ところで乾麺パスタの賞味期限ってご存知ですか?

冷蔵庫や食品棚で保存している方が多いと思いますが、ちゃんとした保存方法で保存していますか?

今回は、乾麺パスタの保存方法や賞味期限についてご紹介します。

実はパスタの賞味期限って、私たちが考えている以上に長いんですよ。

あわせて読みたい
パスタ麺の太さと種類まとめ!その違いや選び方を紹介 パスタはお手軽に料理できるし様々なソースを使えば味も変わるし、とても重宝な食材ですよね。 実はそのパスタにも様々太さや種類があって、...
あわせて読みたい
茹でたパスタを冷蔵や冷凍で保存する方法と賞味期限 「つい茹ですぎちゃった」 「もうちょっと食べるかと思ったんだけど、思ったほど食べなかったねー」 パスタは茹でたてが一番ですが、そ...
あわせて読みたい
乾麺を生麺のようにして美味しく食べる裏技 生麺パスタは、乾麺パスタと比べて食感がモチモチしていて美味しく食べられるパスタですね。 「パスタを食べるなら生麺でしょう!」 パ...

スポンサードリンク

乾麺パスタの賞味期限

意外と長いパスタの賞味期限

カレンダー

ところで、乾麺パスタの賞味期限ってどのくらいだと思いますか?

「乾燥パスタは乾燥していて日持ちするから正確な賞味期限は知らないけど1年や2年、大丈夫でしょ?」

殆どの人はパスタの賞味期限は長いと考えていて、消費期限を迎える前に食べきってしまうのではないでしょうか?

実際、開封していない乾麺パスタの賞味期限は3年ほどと言われています。

かなり長いですよね。

開封後の乾麺パスタの賞味期限

賞味期限が3年と長い乾麺パスタ、けれどそれは「開封していない状態」での賞味期限です。

開封してしまうと、賞味期限はもう少し短くなると言われていますが、一部では「開封してあっても未開封と同じくらい日持ちする」ともいわれています。

乾麺パスタは開封後、具体的にどのくらい賞味期限が短くなるかという話はあまり聞きませんが、保存方法さえちゃんと守れば問題ないのだとか。

乾燥パスタは長期保存にとても適した食材なのだそうです。

そういえば、カビが生えたり虫が湧いたりしている乾麺パスタはほとんど見たことがありませんね。

乾麺パスタの保存方法

乾麺のパスタの保存方法については、お家によって様々。

「うちは、パスタとか乾麺とか乾物はみんな冷蔵庫で保管しているの」

という方もいますし、

「乾麺やパスタは賞味期限も長いから適当に・・・」

という方もいるかもしれませんね。

封を開いた乾麺パスタの保存方法は、

  • ちゃんと密閉できる容器に入れる
  • 直射日光が当たるところは避け冷暗所で保存

この二つを守れば開封後も傷むことなく保存できるそうです。

スポンサードリンク

保存方法に一工夫

ところで皆さんは、開封した乾麺パスタを保存する時、どうやって保存していますか?

ここでは、パスタのおすすめの保存方法をご紹介します。

密閉容器に入れる

保存容器

この方法で保存している方は多いと思います。

細長い乾麺パスタと同じくらいの長さの密閉できる容器、「パスタケース」に入れて保存する方法です。

 

パスタケース

最近は、100円ショップでも普通に販売していますね。

これを使うと、封を開けたパスタを密閉して保存できますし、折ってしまう心配もありません。

密閉できるビニール袋

密閉式ビニル袋

最近は乾麺パスタや細長い食材で使える、密閉できるビニール袋も売っています。

 

冷凍用ダブルチャック袋 ロング

普通のチャックのついた密閉用ビニール袋ですと長さが足りずパスタが入らないことが多いのですが、これくらい長ければ、パスタや乾麺が普通に入れられますね。

袋の切り方を一工夫

こういったパスタケースや保存袋がなくても、パスタを保存する方法はあります。

それは、「パスタの袋を再利用」すること。

開けるときにちょと工夫するだけでパスタの袋が保存袋に早変わりしますよ。

【パスタの袋の再利用】

  1. パスタの袋の横を上から下にかけて切れ目を入れて開ける
  2. 袋をくるくるっと丸めるようにして輪ゴムで留めて保存

こうすると、パスタケースや市販の密閉できる袋を使って保存するよりもはるかに場所をとらず、お手軽ですよね?

保存場所は食品棚

保存方法

続いてパスタの保存場所です。

一般的にこういった乾麺は、「直射日光の当たるところを避けて冷暗所に保存」することがすすめられていますので、他の乾物や乾麺を収納している食品棚やパントリーに保存出来れば大丈夫です。

「え?冷蔵庫じゃなくていいの?」

「うちは乾物や乾麺は全部冷蔵庫に入れているの」

確かに冷蔵庫は温度が一定ですしあまり光も当たらないですし、「冷暗所」と言えますよね。

けれどパスタや乾麺は直射日光が当たらない冷暗所であれば冷蔵庫でなくても大丈夫

冷蔵庫でなくてはいけないという事はありません。

(ただし、冷蔵庫の方が虫が湧きにくい、というメリットはあります)

冷蔵庫で保存する場合は

  • 冷蔵庫の臭いがパスタに移ることがあるので、臭いのきついものの近くは避ける
  • 冷蔵庫の中の湿気や臭いから守るためにパスタケースや密閉袋に入れて保存する

この二つを守ると良いでしょう。

保存を失敗すると

パスタは保存方法さえちゃんと守れば長期保存が出来る食材です。

ところが、せっかく密閉できるパスタ容器に入れておいても、直射日光の当たる窓辺やガスコンロのそばに置いてしまうと温度変化が激しくて劣化してしまうことも。

そしてパスタの保存を失敗するとカビが生えたり虫が湧いたりしてしまいます。

開封したパスタを保存しておいて、こんな状態になったら、食べずに捨てましょう。

  • 買った時とは明らかに違う色、状態になっている
  • 買った時には感じなかった臭いがする
  • 虫がついている

皆さんのお家に保存してあるパスタは、大丈夫ですか?

まとめ

乾燥パスタの保存方法と賞味期限についてご紹介しました。

未開封状態で賞味期限が長い乾麺パスタは、開封してあっても、保存方法さえちゃんとしておけば長い間食べられる優秀な保存食なのですね。

それでも保存方法を間違えると大変なことになりますので、カビや虫が湧くのを防ぐためにも、正しい方法で保存したいですよね。

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA