美容・ダイエット

化粧品の消費期限はどれくらい?未開封と開封後の違いや危険性

Pocket

化粧品

「スキンケアをきちんとしているのになかなか肌荒れが治らない」という人。

もしかすると、その肌荒れは「消費期限の過ぎた化粧品」を使い続けていることが原因かもしれません。

化粧品も食品と同じように消費期限があり、消費期限を過ぎた化粧品を使い続けるのは実はとっても危険なんです。

私も何年も使っている化粧品がありますが、発色もよく嫌な臭いなどもしないので、気になりつつそのまま使い続けています。

そんな化粧品の未開封での消費期限、開封後の消費期限、そして消費期限をすぎた化粧品を使い続けることの危険性を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

化粧品の消費期限

化粧品と言っても、化粧下地やファンデーション、アイシャドウなどさまざまなアイテムがあるので、アイテム別の消費期限と未開封の化粧品の消費期限はどのくらいなのかを紹介します。

未開封の化粧品

開封後の化粧品と未開封の化粧品では消費期限が異なり、化粧品には「薬機法」(医薬品医療機器等法)が適応されますが、この薬機法は基本的に製造から3年が消費期限となっています。

しかし、ほとんどの化粧品には製造日など記載されていません。

製造後3年経っても品質が保証されるものは消費期限を表示する義務がなく、つまり化粧品は製造日から3年経っていても保管状態がよければ使用できるということです。

3年も保存できるのなら、期間限定コスメや廃盤になってしまうものなど買い貯めしておくこともできるので嬉しいですね。

アイテム別 消費期限

なかなか減らなくて何年も何年も使っている化粧品はありませんか?

開封後の化粧品は空気と触れることにより菌が繁殖しやすい環境になっており、菌が繁殖した化粧品を使い続けることによって、肌荒れを起こしてしまう危険性も。

そんなことにならないように、それぞれの化粧品の消費期限はどれくらいなのか知っておきましょう。

ベースメイク

ベースメイク

・化粧下地 半年~1年

・パウダーファンデーション 1年以内

・リキッド、クリームファンデーション 半年以内

・フェイスパウダー 2年以内

パウダーファンデーションの方がパフを介して肌に触れるので消費期限が短いと思っていましたが、リキッドファンデーションは水分が多いためパウダーファンデーションよりも消費期限が短くなります。

ベースメイクは顔全体に塗るので特に消費期限に気をつけましょう。

アイメイク

・アイシャドウ 1年~2年以内

・ペンシルアイライナー 1年以内

・リキッドアイライナー 3ヶ月以内

・マスカラ 3ヶ月以内

アイシャドウは1年~2年と長めですが、目のすぐ近くに使うリキッドアイライナーやマスカラは3ヶ月と短めです。

リキッドライナーやマスカラを3ヶ月で使い切るのは難しいですが、目のすぐ近くに使うので肌トラブルだけではなく、目の病気を引き起こしてしまうという危険性もあるので消費期限を守るようにしましょう。

チーク

・パウダーチーク 2年以内

・クリームチーク 半年以内

最近はパウダーチークだけではなく、クリームチークも主流になってきましたが水分が多い分やはりパウダーチークよりも消費期限が短めになってしまいます。

クリームチークは1回に少量しか使わないので半年で使い切るのは難しそうです。

リップメイク

リップ

・リップ、グロス 半年以内

リップは何色も持っているという人も多いと思いますが、唇に直接触れるものなので菌が繁殖しやすくなっています。

また、唇の皮は薄く消費期限をすぎたリップを使うと唇が荒れてしまうことも。

せっかくかわいいリップを持っていても、唇が荒れていると残念ですよね。

開封後の化粧品を少しでも長持ちさせる方法

・パフ、ブラシ等はこまめに洗浄または交換

・蓋はしっかりと閉める

・一度出したものは容器に戻さない

・リップはリップブラシを、クリームにはヘラを使う

パフやブラシは専用の洗剤があるので定期的に洗っているという人も多いのではないでしょうか。

私は洗うのが面倒なので、お買い得パックのパフを買って、ある程度使うと交換するようにしています。

安いものだと気にせずにどんどん使うことができるので、洗うのが苦手な方にはぴったりです。

また、蓋をしっかりと閉めることで開封後も酸化するのを少しでも防ぐことができるので、閉め忘れや中途半端に閉めるということがないように気をつけましょう。

そして、一度出したもの(手に触れたもの)は手に付いている菌が付着してしまうので、多く取り過ぎたからといって容器に戻すのは菌と一緒に容器に戻しているのと同じという事になります。

取り過ぎたものは勿体無いですが、そのまま処分して下さい。

肌に直接触れることで菌が付着してしまうので、リップは直接塗るのではなくリップブラシを使い、クリームファンデーション等を使うときはヘラを使います。

リップブラシやヘラも使った後は洗って、清潔にしておきましょう。

少し工夫をすることで、化粧品に菌を付着するのを防げますね。

スポンサードリンク

化粧品の正しい保管方法

・直射日光が直接当たらない場所

・高温多湿を避け風通しのいい涼しい場所

正しい保管方法を守ると製造から3年経っていても使用することができます。

これは未開封の場合に限らず、開封後の化粧品もこのように保管しておきましょう。

消費期限が過ぎた化粧品の危険性は?

肌トラブル

開封後の化粧品は酸化が進み、雑菌などがどんどん繁殖していきます。

消費期限の過ぎた化粧品を使い続けるのは、雑菌を肌に付けているということで、しみ・そばかす・ニキビなどの肌トラブルの原因になってしまう危険性も。

私は前に消費期限の過ぎたマスカラを使っていた時に、マスカラが目に入って結膜炎になったことがありました。

もちろんマスカラの成分のせいもあると思いますが、雑菌が繁殖しているマスカラを使っていたので結膜炎になったのかなと思います。

化粧品は肌だけではなく、マスカラやアイライナーなど目に使うものもあるので開封後の化粧品の消費期限は絶対に守るようにしましょう。

こんな化粧品は今すぐ処分を

・分離している

・変な臭いがする

・変色している

もし消費期限を過ぎていなくても、上に書いたような状態になっていたらすぐに使用するのをやめましょう。

食品と同じように化粧品も腐敗し、肌トラブルの原因になってしまうので、もし未開封であっても使わないで下さい。

まとめ

化粧品の消費期限、未開封と開封後の違いや危険性を紹介しましたが、いかがでしたか?

毎日使ってもなかなか消費期限内に使いきれるものばっかりではなさそうですが、肌が荒れてしまっては元も子もないので、もったいないですが新しい化粧品と交換するようにしましょう。

新しい化粧品を購入する時は消費期限のことを気にしながら自分にあったサイズ・値段のものを選ぶといいかなと思いました。

ぜひお手持ちの化粧品を見直してみてください。

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA