画像名

「ピンポーン」とチャイムがなり玄関を開けてみると、そこにはNHKの集金人だったなんて事ありますよね。

もちろんテレビを設置していてNHKを見ている人ならしっかりと受信料を払うべきなのですが、なかには夜遅くに訪問してくるNHKの集金人がいるようで「迷惑だ!」などの批判の声もあるようです。

日中の時間に訪問するのは全く問題ないとは思いますが、いったい夜何時まで集金の訪問を行っているのでしょうか?

そこで今回は、受信料の支払い契約を取る為に活動している『NHK集金人』に焦点を当てて、問題に取り沙汰される訪問時間は夜何時までなのかや、訪問してくる集金人の服装などの特徴から見分け方についても紹介していきたいと思います。



スポンサードリンク


NHK受信料の集金人


NHK受信料の集金というお仕事について、ご存知でしょうか。

俗に『NHK集金人』等と言われていますが、彼らは、NHK(日本放送協会)の受信料支払いの契約をお願いに廻っている業務受託業者、もしくは地域スタッフです。

すでに契約されていて、定期的に受信料を支払っている方には無縁のお話ですが、いろいろな事情から支払をしていない、もしくは拒否している方にとっては、NHK集金人の訪問時の対応等にとても迷惑しているというお話がよく出ています。

NHK受信料は法律で定められている以上、支払うべきものなのですが、集金人の強引なやり方や、相次ぐ不祥事が反感を呼び、契約を拒否し続けている人が増えているのが現状と言えます。


NHK集金人が反感をかってしまう理由


画像名

では、実際にどういった事からNHK集金人に対して反感を覚え、受信料支払いを拒否するにまで至ってしまうのでしょうか。

小さなお子さんのいるご家庭に夜10時頃に訪問する事もあるそうで、モニターインターホン備付のオートロックマンションに住んでいるご家族の元に、スーツ姿の男性が何度も訪問してくるという事があったそうです。

すでに夜ですので、パジャマ姿で来訪者の対応ができる格好ではない、更に夜に鳴るインターホンの音で既に寝ていたお子さんが起きてしまったり、いったい何時まで訪問してくるんだろうと、とても迷惑したそうです。

また、一人暮らしの女性のご自宅に、日曜日の夜10時半〜11時頃に訪問してくるという集金人もいるようで、いくら法律があるからとは言え、陽も落ちた夜の時間帯の訪問に対して、非常識であると反感を覚えている人が多いようです。

何時までなら訪問されても対応できるかという部分には個人差がありますが、夜の時間帯で考えると、小さな子供がいるご家庭では19時まで、仕事が朝早く始まるから20時まで、翌日が休日なので21時までは対応できる等、様々ですね。

一般的に何時までなら訪問してもいいのかという部分については、法律上でも明確にはされてませんが、
特定商取引法(訪問販売法)の規定の中には、午後9時ごろから午前8時ごろの勧誘は、行政規制の対象になり、刑事上の罰金規定もある様ですので、一般的には夜9時以降の訪問は避けてほしいものですね。

NHK集金人の訪問時間


画像名

すべての集金人が夜間を目掛けて訪問しているという事ではない様ですが、「訪問していいのは何時まで」といった決まりもない様です。

特に在宅率の高い時間帯に訪問するようにしている様です。

彼らが参考にしている資料には「起床在宅率」というものがあります。

・午前中の早い時間帯(8時〜9時)
 専業主婦が在宅している可能性が高い。

・夜間帯(20時〜21時)
 起床在宅率が高い。家族の誰かがいる可能性が高い。

・土、日、祝日の午前中
 仕事休みの人が在宅している可能性が高い。

・雨、台風、暴風雪などの日
 在宅している可能性が高い。

上記のような統計から、時間帯を絞って訪問している集金人が多いようです。

確かに夜間帯は在宅しているご家庭が多いとは思われますが、来訪者に来られても困る時間帯ですね。

訪問される側にとっては特に、夜間は警戒してしまう時間帯ですし、非常識な時間帯の来訪者に良い印象は持ちにくいですね。

訪問する集金人としては、訪問時間帯の選択の仕方を考えるべきかもしれません。



スポンサードリンク




NHK集金人の特徴について


ここまで、集金人の訪問時間帯についてご説明致しましたが、続いて集金人の方々の服装などの特徴から、他の業者さんと集金人の見分け方について考えてみましょう。

NHK集金人の服装

NHKという大きな組織の業務ですので、服装については統一された制服が支給されているのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、実際に集金に回っているのは、NHKの正規職員ではなく、業務委託を受けた下請け業者です。

服装での見分け方はあるのでしょうか。

実際に訪問してきたスタッフの情報を見てみると、『スーツ姿の男性』、『私服の女性』という具合に、服装に特徴はない様で、専用のユニフォームはなくバラバラの様です。

ただ大体はスーツを着ているか、シャツにネクタイという割としっかりとした服装でいる事が多い様ですので、服装だけでの見分け方はないかもしれません。

NHK集金人のアイテム

装飾品での見分け方はあるのでしょうか。

集金人のほとんどは首から身分証をぶら下げています

訪問時の最初の挨拶の際に、身分証をサラッと掲げる様です。

また、契約時には大きなタブレット端末を扱う為、そのタブレットを片手に訪問するのが特徴的です。

通称ナビタンと言われる契約者管理端末で、どの顧客の元に何回訪問し、どのような対応内容だったかなども記録されている様です。

集金人はその端末の記録情報を元に訪問し、業務を遂行しているという事ですね。


NHK集金人の見分け方


画像名

ここまで紹介した集金人の特徴から、集金人の見分け方として、ある程度見た目のイメージはできるかと思います。

スーツ姿、あるいはシャツにネクタイ姿で、首から身分証を携帯し、片手に大きなタブレットを持ち、玄関先に立っている姿を想像できましたでしょうか。

ただ、他の営業マンの可能性もゼロではありませんので、
見分け方の1番確実なものは、名刺でしょうか。

こちらから名刺の提示を求めると、対応していただけるようですので、名刺上に『NHK受託事業者』などの文言が印字されているかを確認することができれば確実です。


まとめ

対応が悪く、反感を買ってしまい、煙たがられている集金人ですが、しっかりと対応してくれる方がいない訳ではなく、態度が悪いスタッフが目立ってしまっているだけだと思います。

夜間の訪問は確かに迷惑ではありますが、中にはしっかりとした対応をしてくださる集金人もいるという事だけ、付け加えておきます。


スポンサードリンク