画像名

先日、一人暮らしを始めたばかりの娘から電話がありました。

「NHKの集金が来た!テレビ持ってないって言ったのに、NHK受信料契約させられた!」

いつもは大抵メールで用件を済ませる娘ですが、その日は1時間以上電話で愚痴を聞かされました。

娘の話100%そのままならば、NHK受信料の取り立てはかなり強引な方法で、20歳そこそこの娘がよく2時間も応戦したなと感心しましたが、長時間やり合わなくても穏便に帰ってもらう上手な断り方ってなかったのでしょうか?

そこで今回は戸建てやマンションでも使えるNHK受信料の断り方や、訪問員に帰ってもらう方法についてまとめてみました。


スポンサードリンク


NHK受信料について


そもそもNHK受信料とはどんなもので、何故支払わなければならないのでしょう。


NHK受信料とは?


NHK受信料(エヌエイチケイ じゅしんりょう)とは、日本放送協会(NHK)が受信契約を締結した者から徴収する負担金である。


そして放送法第64条(受信契約及び受信料)には次のように定められています。

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。


つまりNHKの放送が映るテレビを設置している人はNHKとの受信契約を結ぶ必要があり、受信契約を結んだ人はNHK受信料を払わなければならないということになりますね。


なぜ受信料を徴収するの?


NHKも他の民放みたいにスポンサーを募ったら、NHK受信料なんて要らないのでは?

そんな疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

でもちょっと考えてみて下さい。

スポーツの試合中継中「この瞬間を!」というタイミングでコマーシャルが入り、高揚してきた気持ちがペシャンと潰れてしまったなんて経験ありませんか?

スポンサーの力は絶大です。

視聴率の高そうな番組には沢山のスポンサーが付き「え?またコマーシャル?」なんてこともよくありますよね?

公共放送であるNHKは、スポンサーの影響力に左右されず、全ての人に公平に情報や文化を伝えるために、戸建て・マンション・アパート分け隔て無くこれまた公平に、番組製作の資金「NHK受信料」を徴収するのだそうです。

確かにこう言われると、NHK受信料の必要性を感じなくもありません。

それに娘が小さい頃、NHK教育テレビには随分お世話になりましたし。。。

我が家はNHK受信料をちゃんと納めていますよ、もちろん!


NHK受信料徴収の基準


画像名

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。


放送法第64条にはこのように書かれていますが、この場合の受信設備ってなんでしょう?

普通に考えるとテレビになると思うのですが、携帯電話も受信設備に含まれるのでしょうか?

NHKの訪問員が訪れた際、娘が「テレビは無い」と応えると訪問員は携帯電話の有無を尋ね、更に携帯電話を見せるように要求したそうです。

そして娘の手から携帯電話を取り上げると「この機種はワンセグが観られるから」と言って受信料の契約を迫ったというのです。

娘の携帯電話は購入してから6年間使用していたガラケーで、その時点で電話もメールも危うい、まさに風前の灯火状態!

修理に出すかスマホに買い替えるかを悩んでいた時で、携帯電話を使ってテレビを観ることはない・・・というか、観ることが出来ない状態だったので、そう伝えたそうですが「ワンセグが観られるから」の一点張りで。。。

押し問答の挙げ句、根負けした娘は渋々NHK受信料を支払うことを承知したのですが、次は「現金で支払う」と「銀行口座を教えろ」の押し問答がスタート。

2時間の長期戦の末、NHKの訪問員は現金で集金して帰っていったそうです。

ちょっと興奮して娘の話が長くなってしまいました。(汗)

この時私が疑問に感じたのは、(壊れかけでちゃんと機能しないような)携帯電話でも受信設備になり、受信の契約が必要なのかということです。

テレビを持っているのなら当然受信料を払わなければならないのでしょうが、テレビを観ることが出来ないような環境下なのに受信料の支払い義務が生じるのでしょうか?

NHKは携帯電話の所有でも受信料の支払いが必要だと考えているようですが、2016年さいたま地裁では「ワンセグ付きの携帯電話を所有する人はNHK受信料契約義務がない」との判決が出ています。

このことから考えると、壊れかけの携帯電話なら尚更に受信料を支払う義務はないように思うのですが、どうでしょうか?


ワンセグやカーナビもNHK受信料は義務?解約や返金についても



スポンサードリンク


NHK受信料の断り方


画像名

戸建て・マンション・アパートなど様々な住居形態がありますが、引越しが済んで暫くするとNHKの訪問員が受信料の契約にやって来ます。

戸建てやマンション前に引越し屋のトラックがとまっていれば「引越して来た」ことも分かるでしょうが、小さなアパートへ家具も無く衣類と身の回りの品だけのささやかな引越しも目ざとく見つけて、NHKの訪問員はやって来ます。

むしろ戸建てやマンションより、1人暮らしのアパートを狙って訪問しているように感じます。

そして玄関の扉を開けて対応してしまうと、契約を取り付けるまで帰ってくれません。

「テレビが無い」と言えば、簡単に帰ってもらえると思っていたら大間違い!

契約を取り付けるのが仕事ですから、訪問員も簡単には引き下がりません。

そんなとき、なんとか穏便に帰ってもらう方法は無いでしょうか?

実は、あるんです。

NHK受信料の断り方、訪問員に帰ってもらう魔法の言葉が。

【訪問員に帰ってもらう魔法の言葉】
・払う意思はありません。
・帰って下さい。

NHK受信料を支払う意思がないこと、帰って欲しい旨をはっきりと伝えるだけでOKです。

「こんな簡単な方法で、NHKの訪問員に帰ってもらう事が出来るの?」と、不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。

嘘の様ですが、こんな簡単な方法でNHKの訪問員に帰ってもらう事が出来るのです。

支払う意思のない人に力ずくで契約させる事は出来ませんし、戸建て・マンションに拘わらず住人の意思を無視して居続けるのは犯罪行為になるからです。

そのためはっきりと「帰って欲しい」と伝えれば、帰ってもらう事が出来るのです。

この方法は元NHK社員・立花孝志氏が「NHK集金人をたった2分で追い返す方法」として紹介しているので、かなり成功率が高いのではないでしょうか。

立花孝志氏によれば、この時会話を録音すれば更に効果的だと話しています。

住人の意思に反して居座り続けていることが、録音された会話から分かってしまいますからね。

テレビを持っていてNHKの放送を観ているのならNHK受信料は支払わなければいけませんが、「テレビが無いと断っているのに何度も集金人が来て困っている」という方は、是非一度この方法を試してみてはいかがでしょう。

詳しくはこちら ⇒NHKから国民を守る党公式サイト


まとめ


戸建てやマンションでも使えるNHK受信料の断り方や訪問員に帰ってもらう方法についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

NHKの訪問員と2時間も押し問答をした娘ですが、契約した数日後に携帯電話が完全に壊れ、スマートフォンに買い換えました。

テレビを受信できないタイプのスマートフォンに買い換えたので、即NHKふれあいセンターに電話をし携帯電話を買い換えた旨を伝えたところ、(電話口で一悶着あるかと覚悟していたようですが)案外簡単に解約出来たそうです。

でもNHK訪問員が来る前に断り方や帰ってもらう方法を予め知っていれば、2時間もの間不毛な戦いをしなくて済んだのにと思うと、ちょっと娘が可哀想な気がしました。

そして最後に。。。

繰り返しになりますが、テレビがあってNHKを見ている人はちゃんと受信料を払いましょう!


スポンサードリンク