生活・豆知識

屋外での効果的な蚊よけ対策やグッズまとめ!

Pocket

画像名

キャンプに花火にバーベキュー、夏は屋外でのレジャーが楽しい季節です。

そして屋外のレジャーと言えば、漏れなく付いてくる虫さされ!

虫刺されの中でも夏に特に悩まされるのは蚊による虫刺されですよね。

蚊よけ対策を何もせずに屋外で作業をしたりキャンプなどをすると、必ずと言っていいほど蚊に刺されるという方は多いのではないでしょうか。

蚊に刺されると腫れて痒いのはもちろん嫌ですが、デング熱や日本脳炎など蚊を媒介とした怖い感染症もあるのできちんと効果のある蚊よけ対策をしたいですよね。

今回は屋外での効果的な蚊よけ対策方法、オススメ蚊よけグッズをご紹介します。

スポンサードリンク

屋外で蚊が多いのはどんなところ?

画像名

蚊は屋外のどういった場所に多く潜んでいるのでしょうか。

【蚊が多く潜む場所】

  • 草むら
  • 水たまり周辺

まず草むらなどは草の陰に止まって休んだり露を飲んだりするためやはり蚊が多く発生します。

あと水たまりにも蚊はよく見られるのですが、これはメスの蚊が水たまりに卵を産み、蚊の幼虫であるボウフラが生まれ、成虫である蚊へと成長するためです。

ベランダにある水の溜まったバケツや植木鉢の受け皿のような場所でもボウフラは生まれます。

ちなみに人の血を吸うのはメスだけで、人や動物から発せられる二酸化炭素や体温、汗などに反応してターゲットを決めています。

そのためたくさん呼吸をして汗をかいている運動後の人や体温が高い人、妊婦や赤ちゃん、お酒を飲んだ人が刺されやすいのです。

屋外での蚊よけ対策

体温が高かったり、汗をかきやすいのは体質のためどうしようもないですよね。

適度な運動をして汗をかくのは大事なことですし、楽しいバーベキューなどでお酒を無理に我慢するのも辛いものです。

ではどんな対策を取れば、蚊に刺されるのを少しでも防げるのでしょうか。

そこでここからは自分でできる屋外での効果的な蚊よけ対策をご紹介します。

汗を抑える

暑い夏は屋外で汗をかかないというのは難しいですが、できるだけ汗をこまめに拭きとったり、制汗シートやスプレーなどの制汗グッズを使用して汗対策をしましょう。

【花王 キュレル スキンケアシート】

【資生堂 クールパウダースプレー】

また、ひんやりした物で首の周りや膝裏などにあるリンパ節を優しく冷やすと、体温も下がり体温上昇に伴う発汗を抑えることができます。

身体を冷やすと気持ちいいですし、暑い日の熱中症対策にもなるのでいいですよね。

黒い服装を避ける

画像名

蚊は濃い色を好み、光を吸収する黒い色に寄っていく傾向があるので、できるだけ光を反射するような白系の服装にして蚊が寄らないようにしましょう。

最近は虫よけ効果のある生地の服などもあるので、是非手に入れておきたいですね。

蚊よけグッズを使う

一番確実なのは忌避剤などで蚊を寄せ付けないようにしたり、殺虫効果のあるグッズで蚊を直接退治してしまう事ですね。

妊婦さんや子供などは使用を控えた方がいい物もあるので、事前に詳しく調べてから自分に合った蚊よけグッズを使用しましょう。

スポンサードリンク

屋外での蚊よけグッズ

画像名

先ほどご紹介した蚊よけグッズでの対策ですが、具体的にどんなグッズがあるのか気になりますよね。

ここからは屋外で使用するオススメの蚊よけグッズをご紹介します。

虫よけスプレー

茂みや地面に事前にスプレーしておくだけで、蚊をよける効果のあるバリアを作ってくれるスプレータイプの蚊よけグッズがあります。

一度スプレーしておけば数時間効果があるので放置しておけるのがいいですね。

【ヤブ蚊がいなくなるスプレー】

【ヤブ蚊バリア】

肌に直接スプレーできる蚊よけグッズもあり、屋外での行動範囲に関係なく蚊から守ってくれるので安心です。

蚊だけでなくブヨやダニにも効果があるものもありますので、是非チェックしておきたいですね。

【KINCHO プレシャワーDFファミリーユース】

【フマキラー 天使のスキンベープ プレミアム】

蚊取り線香

昔から使われている蚊取り線香は効果が出るまでに少し時間がかかりますが、蚊取り線香に含まれている殺虫成分であるピレスロイドは人や動物の体内で分解されて無毒化するので安心です。

屋外で作業などをする前に、いくつか火をつけて煙が十分に出て効果が出るまで置いておくといいですね。

アウトドア用の煙が多く効き目が強い蚊取り線香もあるそうですよ。

火を使いますので、取り扱いや後始末には十分注意して使用しましょう。

【KINCHO 金鳥の渦巻】

【アース製薬 ヤブ蚊よせつけない線香 太渦巻】

オーガニック系蚊よけグッズ

肌が弱い人や子供にも安心して使えるように、蚊よけ効果のあるアロマが配合されたスプレーなどもあります。

【パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー エクストラ】

蚊が苦手とするペパーミントやレモンなどのエッセンシャルオイルがあれば、自分で手作りすることも可能ですよ。

作り方は、エッセンシャルオイル10滴、無水エタノール(アルコールに弱い方はホホバオイルなど)5ml、精製水45mlを混ぜるだけ^^

遮光性のスプレーボトルに入れ、手や足などにつけてできるだけ早いうちに使い切ってください。

エッセンシャルオイルには妊婦さんや乳幼児は使用しない方がいい種類もあるので事前にきちんと確認をし、肌につけるのが不安な方はパッチテストをしたり衣類につけるなどして使用しましょう。

スクリーンタープ

スクリーンタープとは、雨や日差しを防げる天蓋部分と、虫などを遮断しつつ風通しができるメッシュタイプの壁面があるテントのようなものです。

行動範囲は限られてしまいますが、キャンプでくつろぎたい時には安心してくつろげるのではないでしょうか。

虫よけスプレーや蚊取り線香も併用すれば蚊よけ対策バッチリですね^^

【コールマン タフスクリーンタープ】

まとめ

屋外での効果的な虫よけ対策、オススメの虫よけグッズなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

我が家はベランダで花や野菜を育てたり、毎年夏にはバーベキューをしたりと屋外で過ごす事も多くなるので、改めて気を付けないといけないなと考えることができました。

子供にも使える安全な蚊よけスプレーを自分で作れるのは嬉しいので、今年の夏は早速作ってみたいなと思います。

自分にあった蚊よけ対策を取り入れて、蚊に悩まされることなく楽しく夏を過ごしましょう^^

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA