画像名

マスクといえば、いまや現代人に欠かせない生活アイテムのひとつです。

風邪の予防はもちろん、花粉症対策や防寒のために使ったり、女性の場合すっぴんでちょっと外にお出かけしたい時なんかにもマスクは必須ですよね。

そんな便利なマスクですが、眼鏡と一緒に着けると曇って前が見えないという困った点もあり、それが嫌でマスクを外してしまったなんて経験をお持ちの方も多いと思います。

マスクが曇ってしまうと、不快な思いをするだけではなく、運転中などは眼鏡が曇らないようにしないと危ないですよね。

実は、マスクや眼鏡選びを工夫したり、簡単な裏技を使うことで、マスクを着けても眼鏡が曇らないよう防止することが出来るのです。

そこで今回は、誰でもできるマスクをしている時に眼鏡が曇らないよう防止する方法を、誰でも出来る裏技と合わせてまとめてみました。

スポンサードリンク


マスクをすると眼鏡が曇るのは何故?


そもそもどうしてマスクをすると眼鏡は曇ってしまうのか?

その答えは「空気の温度差」にあります。

口から吐いた温かい息が、眼鏡の冷たいガラスに付着して急激に冷えたことで温度差が生じ、眼鏡が曇ってしまうため起こる現象です。

冬の時期に窓ガラスに向かってはーっと息をかけるとガラスが白く曇るのと同じ原理なのだそうです。

そのため、眼鏡が曇らないための方法としては、マスクの上部から上に息が出ないようにすること・・・なのですが、マスクは普通に付けると構造上どうしても鼻の横に隙間ができてしまい、息がそこからもれてしまいます。

私の友人は眼鏡が曇るのが嫌で眼鏡からコンタクトにした人なんかもいたくらいなので、きっとこんな思いをしている人は全国にたくさんいるはずです。

では実際にどのような対処方法があるのか、簡単な裏技と一緒にご紹介していきましょう。

曇りを防止する方法


まずは基本的な曇りを防止する方法からご紹介します。

マスクをしても眼鏡が曇らないようにするためには「曇らない眼鏡」「曇らせないマスク」を選ぶのが第一の解決策!

「眼鏡を曇らせないマスクなんてあるの?」という質問が飛んできそうですが、曇らない(曇らせない)対策を施した眼鏡もマスクもちゃんとあるんです。

マスクの選び方


画像名

マスクをしても眼鏡が曇らないようにするために大切な事は「顔とマスクの隙間をなくす」ことなので、鼻にフィットするマスクを選ぶようにしましょう。

普通のマスクに比べて少々根は張りますが「立体マスク」「三次元マスク」など、顔のカーブに形を合わせやすく隙間が出来にくいマスクもありますし、マスクの上部に息漏れを防ぐためのクッション剤が貼り付けられたマスクは曇り防止効果がかなり高いと言われています。

またマスクに貼り付けて使う息漏れ防止グッズは、色々なタイプのマスクに貼り付けて使う事が出来るので、お好みのマスクに貼り付けて使う事が出来ますよ。

マスクの種類や選び方については、こちらの記事をどうぞ!


眼鏡の選び方


画像名

お次は眼鏡ですが、みなさん『防曇(ぼうどん)眼鏡』というものをご存じですか?

その名の通り曇りを防止するために予めレンズを加工している眼鏡があり、近頃の眼鏡は比較的この加工をしているものが多いそうです。

眼鏡を購入する時は必ず店員さんにきいて、曇らないかどうかチェックしておきましょう。

愛用の眼鏡があるし買い替えるほどでは・・・という人には、眼鏡用の曇り防止クリーナーというものがあるので、それを塗るという方法もありますよ。

実際どんなものなのか探してみたところ、塗るタイプのものやスプレータイプなど、安いものだと100均でも見つけることが出来ました!

スポンサードリンク


すぐに使える簡単曇り防止の裏技!


ここからは、すぐに試せる曇り防止の裏技をご紹介します。

え、それだけ?!と驚くくらい簡単な裏技を使う事で曇りを防止することが出来るので、読み終わったらすぐに試してみたくなる事間違いなしです。

マスクの上部を内側に折る


画像名

テレビで紹介された事もある裏技なので知っている方もいるかもしれませんが、この方法が一番簡単な防止方法ではないでしょうか?

マスクを着けて、針金部分1センチ程度を内側に一折するだけという方法です。

これだけで驚くほどマスクが鼻にフィットして、空気が漏れるのを防ぐことが出来て効果アリ!と口コミの評判も良いため、個人的には一番実践したい裏技です。

ティッシュを挟む


画像名

ティッシュを細長く折ってマスク上部の挟み、隙間を埋める裏技です。

やってみるまでは、ティッシュがずれたりして邪魔じゃないのかな?と思っていましたが、案外ずれませんでした。

ティッシュ一枚で悩みが解決するなんて、お手軽な方法ですよね。

マスクを二重に装着


まず少しサイズの小さいマスクを着けて、その上に大きいサイズのマスクを付けることで空気も漏れを抑える裏技です。

効果は期待できますが、デメリットとして少し息苦しい事や、紐が多くなってしまうので耳が痛くなってしまう事もあるので、この裏技をチャレンジする時はご注意下さいね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

マスクを付けるといつも悩まされてしまう眼鏡の曇りですが、曇らないような製品を選んだり、ちょっとした裏技を使うことで眼鏡が曇らないように防止する事ができます。

1年を通して手放せないマスクですから、少しでも快適に使いたいですよね。

眼鏡が曇ってしまった!と思ったら、ご紹介した方法を試してみて下さい。

友達にも教えてあげたら、喜ばれること間違いなしです!


スポンサードリンク