Pocket

画像名

もう12月になり、1年の終わりもすぐそこまで近づいてきましたね。

12月といえばクリスマスの月でもあり、クリスマスといえば欠かせないのはイルミネーション

皆さんはどこのイルミネーションを見に行くかは決めましたか?

今回紹介するのは兵庫県の神戸ルミナリエです。

毎年沢山の人が訪れ、混雑も予想されるほどのイルミネーションイベント!

そんな2016年の神戸ルミナリエの日程と混雑状況について、また穴場の駐車場やホテルについてご紹介します。

スポンサードリンク


神戸ルミナリエ2017の日程と場所は?


まず、2017年神戸ルミナリエの日程と場所について見ていきましょう。

神戸ルミナリエの今年の日程はこちらになります。

【期間】
12月8日~17日の10日間

【点灯時間】
月曜日~木曜日 18時~21時30分
金曜日     18時~22時
土曜日     17時~22時
日曜日     17時~21時半

ご覧の通りイルミネーションが見れる期間も10日間と少なく、曜日によって点灯時間が違ってくるので、見に行かれる際はしっかりと確認しておきましょう。

日程は10日間とちょっとと短めなので、他のイルミネーションと違って、早めに見に行った方がいいですね。

神戸ルミナリエが行われる場所についてですが、JR元町駅から東遊園地までの範囲が会場となっています。

この会場は元町駅方面からの一方通行になっているため、逆走はできません

順路も決まっているので、警備員さんの指示に従いながら鑑賞してくださいね。

わかりやすいようにマップもご用意しました。

画像名

ピンクの枠で囲まれたところが鑑賞できる場所です。

通常の順路と土日の混雑時の順路と分れているので注意してくださいね。

帰りは東遊園地方面からになるので、駐車場についても注意した方がいいでしょう。

元町駅近くまで戻るにしても、帰りの人たちの混雑に巻き込まれることを考える必要があります。

神戸ルミナリエの混雑状況について


次に、2017年の神戸ルミナリエの混雑状況についてです。

神戸ルミナリエは大規模なイルミネーションイベントであり、その装飾も美しいことで有名です。

その上、日程が短いためかかなりの人が押し掛けてくるので混雑に巻き込まれるのは必至です。

特に人が集まるのは点灯時間間際と土日です。

訪れやすい土日はもちろん、点灯時間間際の混雑も凄い事になるので、この時間帯や日にちに訪れるのは避けた方がいいでしょう。

神戸ルミナリエでは点灯の瞬間を見ようという人が時間間際に集まってくるので、ほとんど前に進めない状態になってしまいます。

人垣でイルミネーションがろくに見えない状態が続くのはストレスにもなりますよね。

日程をよく見て、混み合わないような平日や早い時間帯に見に行くのがベストでしょう。

神戸ルミナリエの穴場の駐車場


2017年神戸ルミナリエの穴場の駐車場情報を紹介していきます。

日程と場所の項でも説明しましたが、神戸ルミナリエは行きと帰りの方角が違います。

帰りは順路を逆走しないように遠回りで帰る必要がありますから、スムーズに帰宅出来る様に駐車場選びも考えなくてはなりません。

穴場ともいえる駐車場をいくつか紹介いたしますので、参考にしてみてください。

イルミネーションと買い物を楽しみたい方には神戸ハーバーランドの駐車場がオススメです。

画像名

神戸ハーバーランドは神戸駅付近にあるので、神戸駅から元町駅まで電車で行くのもいいかもしれませんね。

神戸ハーバーランドの駐車場はいくつもあり、台数が多いのはumie立体駐車場で1200台もの車が止められます。

平日は最初の3時間、祝日は2時間が無料でその後30分ごとに200円かかりますがUmieカードを提示すれば1時間駐車料金が無料になりますし、買い物をしてもさらに1時間プラスになるのでお得です。

Umie系統の駐車場はこの他にも二つあり、神戸ハーバーランド近くはまさに穴場の駐車場が集まっている場所と言ってもいいでしょう。

ここが確保できれば車は停められるという状況です。

神戸ハーバーランド周辺の駐車場一覧はこちら。

駐車場情報|神戸ハーバーランド

また、三宮駅近くの駐車場なら神戸市営三ノ宮駐車場がオススメの駐車場です。

画像名

1080台以上の車が収容できる穴場の駐車場です。北の駐車場と南の駐車場があるのですが、駐車場周辺に交通規制が敷かれてしまいますので南の駐車場は交通規制が敷かれる前に車を入れていないといけません。

交通規制は月曜から金曜は午後5時、土日は午後4時からです。曜日によって時間帯が異なるので気をつけてください。

神戸市営三ノ宮駐車場は24時間営業なので交通規制を考えた場合を除きいつでも停められます。

平日の最大料金が北は1500円、南は1000円で土日祝日は北と南それぞれ500円増しになっています。

こうして比べると南の方が安いですね。

交通規制に気をつければ停められますし、出庫は交通規制中でもできるので普通に利用できます。

神戸市営三ノ宮駐車場の公式サイトへのリンクも載せておきます。神戸ルミナリエ開催時の交通規制についても曜日ごとに詳しく説明されているので参考にしてください。

神戸市営三宮駐車場

神戸ルミナリエ近辺のホテル情報


神戸市に滞在して神戸ルミナリエを見たい」という人もいるかと思われますので、神戸ルミナリエ周辺のホテル情報も紹介していきますね。

神戸ルミナリエの始点である元町駅に一番近いホテルは神戸プラザホテルです。

最安料金が最安3000円というお得なお値段で、素泊まりに最適なホテルです。

ただ、駐車場がないので別の場所に車を停める必要がありますから、ご注意ください。

三宮駅に近いホテルならホテルサンルートソプラ神戸がオススメです。

三宮駅から最短徒歩6分で、最安価格は3000円程度とお特に泊まれるホテルです。

こちらも素泊まりが出来るホテルで、朝食プランも和用バイキングと豪華ですよ。

スポンサードリンク


2017年の神戸ルミナリエの見所


最後に2017年の神戸ルミナリエの見所をご紹介します。

2017年は神戸ルミナリエにとって節目の年、なぜなら2017年は神戸の港が開かれて150年目だからです。

更に神戸市が属する県、兵庫県の県政が敷かれて150周年ということもあり、イルミネーションにも力が入っていますよ!

そんな節目の年、2017年の神戸ルミナリエでは「東遊園地内」のイルミネーションが見所です。

東遊園地内には今年初めて「ガレリア」という光の回廊を描いたイルミネーションが設置される他、「神戸開港150年記念作品」及び「庫県政150周年記念作品」も展示されます。

毎年続いている神戸ルミナリエですが、やはり今年ならではの作品の鑑賞が楽しみですね!

まとめ


画像名

いかがだったでしょうか? 2017年の神戸ルミナリエの日程や混雑状況、穴場の駐車場やホテルの情報について参考になりましたか?

去年は神戸ルミナリエも事故が起きたりして開催が危ぶまれていましたが、無事開催となったのでうれしいですね。

お得にホテルに泊まったり、穴場の観覧スポットを見つけたり、早めに駐車場に車を停めたり、万全の態勢で2017年の神戸ルミナリエを楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

Pocket